数値地形モデルや大縮尺数値地図作成のための空中写真測量をドローンで実現
災害時の被災地状況把握などにも有効

トップページ > 3次元点群ソリューション> ドローン3Dレーザー計測機

ドローン(UAV)3Dレーザー計測機 UL-1

UAVレーザーによる3次元計測では、計測対象の地形等を短時間で大容量の3次元点群データとして取得することが可能です。 空中からの計測が可能なため、立入困難な場所も、人が立入る必要なく短時間で効率よく計測することができます。  また、TOF (Time of Flight) レーザーの採用により、写真測量では不可能だった植生下の地表面の計測も可能です。 山間部のデジタル地形モデルの作成などの業務で有力なツールとして活用いただけます。

ドローン3Dレーザー計測機 UL-1の概要

内臓のハイレートGNSS/IMUセンサが高精度に位置および姿勢を制御

位置制御(GNSS:毎秒1~25回)、姿勢制御(IMU:毎秒200回)により、風の場合も正確な位置・姿勢制御を実現。 さらに、後処理キネマティックにより、UL-1の位置をセンチメートル精度で確定。 GNSSエポック間の位置をIMUの角度データで補正出来ます。

最大対地高度212m、 対地高度150m(航空法規制高度)から計測幅300mをレーザースキャン

大規模災害発生時等での現場把握など、航空法による高度規制が適用されないような場合では、 高度212mでスキャン幅424mの広範囲の効率的な計測が可能です。

パルスレーザーの採用により、樹冠と地表面の同時計測が可能

レーザ計測3Dカラー点群モデル                       計測3Dカラー点群モデルの断面(樹冠と地表面)     

樹木フィルタ処理後DTMデジタル地形モデル               3D TINモデル標高グラデーション

ドローン3Dレーザー計測機 UL-1の仕様

レーザースキャナ

レーザー安全規格 測定用レーザー:クラス1M
測定範囲 1m ~ 310m(反射率100%)
スキャン角度 90 °
発射レート 高速モード:60Hz、500点/90°、毎秒3万点
ノーマル/ファインモード:30Hz、1000点/90°、毎秒3万点
分解能 ≦ 1mm
繰り返し誤差 信号強度(強):4mm  信号強度(弱):15mm
精度 ≦ 5mm

カメラ

画素数 4,240万画素
レンズ焦点距離 50mm (交換可)
重量 800g

UAV

サイズ 対角寸法:113.3cm
重量 約 15Kg
最大飛行時間 約17/21分(TB47S/48S)
自動着陸 可能
プログラム飛行 可能

GNSS / IMU

Pitch/Roll-Yaw 0.025/0.025-0.08°
GNSS 336Ch、2周波2基
受信可能衛星 GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo, QZSS, SBAS
GNSS 更新レート 1Hz~25Hz (P/R-Y:100Hz), IMU データレート 200 Hz
精度諸元 単独測位 DGPS RTK 後処理KIN
位置精度(m) 1.5-3.0 0.5-2.0 0.02-0.05 0.02-0.05
速度精度(m) 0.05 0.05 0.02 0.015
ロール&ピッチ(゚) 0.04 0.03 0.03 0.025
方位(゚) 0.30 0.28 0.18 0.080

付属ソフトウエア

航跡処理ソフト点群生成ソフト点群カラー化ソフト

お問合せはこちら